ページトップ

Home > 車両/部品運搬車の変遷 > 1960年代

車両/部品運搬車の変遷|1960年代 > 大量輸送 〜積載化〜

トヨタDA80型(改)

写真|トヨタDA80型(改)

クラウン5積標準セミトレーラ連結車

  • 【導入時期】 1960年(S35年)
【機種】 単車
【特徴】 クラウンを効率的に輸送する為に開発 積み込みにはホイスト等を使用
  • 【最大積載量】 5,000kg
  • 【最大出力】 110PS
  • 【架装メーカー】 尾張車体工業
  • 【主な積荷仕様】 クラウン

トヨタDB95C型(改)

写真|トヨタDB95C型(改)

中型乗用車4積単車

  • 【導入時期】 1962年(S37年)
【機種】 単車
【特徴】 パブリカ・コロナ・クラウンなどの乗用車輸送に対応するために単車を開発
  • 【最大積載量】 5,000kg
  • 【最大出力】 130PS
  • 【架装メーカー】 尾張車体工業
  • 【主な積荷仕様】 パブリカ・コロナ・クラウン

トヨタRK75型(改)

写真|トヨタRK75型(改)

中型車4積ミニトレーラ連結車

  • 【導入時期】 1963年(S38年)
【機種】 ミニトレーラ連結車
【特徴】 納車先の狭い道路走行も可能で、乗用車と背高車の混載輸送ができるよう開発
  • 【最大積載量】 3,500kg
  • 【最大出力】 58PS
  • 【架装メーカー】 極東開発
  • 【主な積荷仕様】 パブリカ・コロナ・クラウン

トヨタDA95型

写真|トヨタDA95型

中型乗用車4積単車

  • 【導入時期】 1964年(S39年)
【機種】 単車
【特徴】 中型・小型車の輸送をねらいとして開発 昇降は電動モータで、自走積込み方式を採用
  • 【最大積載量】 5,500kg
  • 【最大出力】 130PS
  • 【架装メーカー】 尾張車体工業
  • 【主な積荷仕様】 パブリカ・コロナ・クラウン

トヨタDB105C型(改)

写真|トヨタDB105C型(改)

中型トラック4積単車

  • 【導入時期】 1966年(S41年)
【機種】 単車
【特徴】 中型トラックの輸送をねらいとして上段フロア2分割方式を開発
  • 【最大積載量】 5,000kg
  • 【最大出力】 130PS
  • 【架装メーカー】 尾張車体工業
  • 【主な積荷仕様】 コロナ・クラウン

トヨタPK175型(改)

写真|トヨタPK175型(改)

中型乗用車4積単車

  • 【導入時期】 1964年(S39年)
【機種】 単車
【特徴】 中型・小型車の輸送をねらいとして開発 昇降は電動モータで、自走積込み方式を採用
  • 【最大積載量】 5,500kg
  • 【最大出力】 130PS
  • 【架装メーカー】 尾張車体工業
  • 【主な積荷仕様】 パブリカ・コロナ・クラウン

トヨタDA95型(改)

写真|トヨタDA95型(改)

中型車4積単車

  • 【導入時期】 1969年(S44年)
【機種】 単車
【特徴】 中型車の輸送をねらいとして開発 昇降は油圧シリンダーで作動の自走積込み方式
  • 【最大積載量】 5,500kg
  • 【最大出力】 160PS
  • 【架装メーカー】 極東開発
  • 【主な積荷仕様】 クラウン

トヨタFDB105C型(改)

写真|トヨタFDB105C型(改)

中型車4積単車

  • 【導入時期】 1969年(S44年)
【機種】 単車
【特徴】 中型トラックの輸送効率を考え3台積み車を開発
  • 【最大積載量】 5,000kg
  • 【最大出力】 130PS
  • 【架装メーカー】 尾張車体工業
  • 【主な積荷仕様】 トヨエース

トヨタFDB105C型(改)

写真|トヨタFDB105C型(改)

中型トラック3積標準セミトレーラ連結車

  • 【導入時期】 1969年(S44年)
【機種】 セミトレーラ連結車
【特徴】 中型トラック5台積みできるトレーラとして開発 リアゲートは乗降道板を兼用
  • 【最大積載量】 5,500kg
  • 【最大出力】 190PS
  • 【架装メーカー】 尾張車体工業
  • 【主な積荷仕様】 ハイラックス

日野KB282型(改)

写真|日野KB282型(改)

中型トラック5積標準セミトレーラ連結車

  • 【導入時期】 1969年(S44年)
【機種】 セミトレーラ連結車
【特徴】 中型乗用車5台積みできるトレーラとして開発 上段フロアは1本式構造
  • 【最大積載量】 5,500kg
  • 【最大出力】 130PS
  • 【架装メーカー】 極東開発
  • 【主な積荷仕様】 ハイラックス