ページトップ

Home > 車両/部品運搬車の変遷 > 1980年代

車両/部品運搬車の変遷|1980年代 > 効率化 〜積台数の向上〜

日野FH270AD型(改)

写真|日野FH270AD型(改)

小型車7積標準セミトレーラ連結車(ASZ036B型)

  • 【導入時期】 1981年(S56年)
【機種】 セミトレーラ連結車
【特徴】 小型乗用車の増加に合わせ積み効率を図る為7台積み仕様車を開発
  • 【最大積載量】 7,000kg
  • 【最大出力】 270PS
  • 【架装メーカー】 浜名ワークス
  • 【主な積荷仕様】 クラウン・マークII・中型トラック

日野SH275AA型

写真|日野SH275AA型

コースター積標準セミトレーラ連結車(ASZ088型)

  • 【導入時期】 1983年(S58年)
【機種】 セミトレーラ連結車
【特徴】 小型乗用車の増加に合わせ積み効率を図る為7台積み仕様車を開発
  • 【最大積載量】 8,500kg
  • 【最大出力】 270PS
  • 【架装メーカー】 浜名ワークス
  • 【主な積荷仕様】 コースター・ランドクルーザー

日野FW279AA型(改)

写真|日野FW279AA型(改)

部品混載型秘匿単車(ASZ117型)

  • 【導入時期】 1983年(S58年)
【機種】 単車
【特徴】 試作車輸送の為、多用途車を開発
  • 【最大積載量】 7,750kg
  • 【最大出力】 270PS
  • 【架装メーカー】 尾張車体工業
  • 【主な積荷仕様】 試作車

日野SD171AA型(改)

写真|日野SD171AA型(改)

中型車4積ミニトレーラ連結車(ASZ062型)

  • 【導入時期】 1983年(S58年)
【機種】 セミトレーラ連結車
【特徴】 販売店搬入の為、小回りが効き、混載積みできる車両として開発
  • 【最大積載量】 6,000kg
  • 【最大出力】 170PS
  • 【架装メーカー】 浜名ワークス
  • 【主な積荷仕様】マークII・中型トラック

日野SH601AA型(改)

写真|日野SH601AA型(改)

小型乗用車8積亀の子セミトレーラ連結車

  • 【導入時期】 1986年(S61年)
【機種】 セミトレーラ連結車
【特徴】 中型車の積み効率を追求し上段3分割構造の日本初の亀の子式トレーラを開発
  • 【最大積載量】 9,000kg
  • 【最大出力】 300PS
  • 【架装メーカー】 浜名ワークス
  • 【主な積荷仕様】 カローラ

日野GD179型(改)

写真|日野GD179型(改)

大型乗用車3積単車

  • 【導入時期】 1987年(S62年)
【機種】 単車
【特徴】 近距離販売店向けで作業性を追及したサイドオープン方式汎用車を開発
  • 【最大積載量】 4,500kg
  • 【最大出力】 175PS
  • 【架装メーカー】 尾張車体工業
  • 【主な積荷仕様】 クラウン・マークII