ページトップ

Home > 車両/部品運搬車の変遷 > 現在

車両/部品運搬車の変遷|現在 > 安全・環境・快適 〜TLZ・TY-ECO・ESの対応〜

日野SH1EGXG型(スライド式カーテン車)

写真|日野SH1EGXG型(スライド式カーテン車)

スライド式カーテン装備標準セミトレーラ連結車(HST143DGT)

  • 【導入時期】 2007年(H19年)
【機種】 セミトレーラ連結車
【特徴】 雪道での塩カル付着による洗車作業不要化をねらいとしてカーテン車を開発
  • 【最大積載量】 8,000kg
  • 【最大出力】 360PS
  • 【架装メーカー】 浜名ワークス
  • 【主な積荷仕様】 クラウン・ブレイド

日野SH1EGXG型(安全・環境・快適仕様車)

写真|日野SH1EGXG型(安全・環境・快適仕様車)

安全・環境・快適仕様標準セミトレーラ連結車

  • 【導入時期】 2008年(H20年)
【機種】 セミトレーラ連結車
【特徴】

安全 トラクタ/高光度前照灯、車間距離警報、 PCS、車線逸脱警報、リア・サイドビューカメラ
トレーラ/扇動板上げ忘れ防止、昇降台上限確認、道板出し忘れ防止、反射テープ、サイドマーカランプ

環境 エコドライブナビゲーション、エコタイヤ、12段セミAT(テスト中)

快適 電動鏡面調整、電磁ドアロック、エアサスシート 仮眠用ベッド 等

  • 【最大積載量】 8,300kg
  • 【最大出力】 360PS
  • 【架装メーカー】 浜名ワークス
  • 【主な積荷仕様】 クラウン・ブレイド

日野SH1EGXG型(新機構搭載トレーラ)

写真|日野SH1EGXG型(新機構搭載トレーラ)

新機構搭載標準セミトレーラ連結車

  • 【導入時期】 2008年(H20年)
【機種】 セミトレーラ連結車
【特徴】 電動油圧ポンプ・1軸ダブルタイヤの採用 油圧シリンダー数の低減、エアサスの採用などにより安全・環境・操作性の向上を狙いとして開発
  • 【最大積載量】 10,200kg
  • 【最大出力】 360PS
  • 【架装メーカー】 浜名ワークス
  • 【主な積荷仕様】 ハイランダー・ハリアー

ロングパストレーラ(安全・環境・快適仕様車)

写真|ロングパストレーラ(安全・環境・快適仕様車)

安全・環境・快適仕様部品運搬用トレーラ

  • 【導入時期】 2008年(H20年)
【機種】 セミトレーラ連結車
【特徴】 積載車と同様で、安全・環境・快適仕様を装備した車両
  • 【最大積載量】 ---
  • 【最大出力】 ---
  • 【架装メーカー】 ---
  • 【主な積荷仕様】 ---

日野SH1ALAG改型(規制緩和21mフルトレーラ)

写真|日野SH1ALAG改型(規制緩和21mフルトレーラ)

21mフルトレーラ連結車

  • 【導入時期】 2011年(H23年)
【機種】 フルトレーラ連結車
【特徴】 フルトレーラ連結全長の規制緩和(最長19m→21m)による長大車両
ダウンサイジング9Lエンジン +9段マニュアルトランスミッションを採用
  • 【最大積載量】 15,700kg
  • 【最大出力】 350PS
  • 【架装メーカー】 浜名ワークス・日野自動車
  • 【主な積荷仕様】 プリウス・プリウスα

ロングパスフルトレーラ

写真|ロングパスフルトレーラ

高効率部品運搬用フルトレーラ(Nロングパス)

  • 【導入時期】 2015年(H27年)
【機種】 フルトレーラ連結車
【特徴】 九州陸上化を目的に開発した車両
  • 【最大積載量】 ---
  • 【最大出力】 ---
  • 【架装メーカー】 ---
  • 【主な積荷仕様】 ---

日野SH1AHDG型(T−MODEL)

写真|日野SH1AHDG型(T−MODEL)

T−MODEL

  • 【導入時期】 2015年(H27年)
【機種】 セミトレーラ連結車
【特徴】 車両コストの低減と作業負荷の軽減をコンセプトとした車両
  • 【最大積載量】 10,600kg
  • 【最大出力】 360PS
  • 【架装メーカー】 浜名ワークス・日野自動車
  • 【主な積荷仕様】 クラウン・プリウス