ページトップ
会社案内

Home > 会社紹介 > 事業内容 | 部品事業

部品事業

  • 部品事業
  • 輸送の流れとサービス内容

社会環境に適合した海陸鉄道複合一貫の遠隔地部品輸送システムで、トヨタ遠隔地工場の生産活動を支えています。

トヨタ自動車は国内生産体制の強化策として北海道(苫小牧)・福岡(宮田)・岩手(金ヶ崎)・宮城(大和)といった遠隔地に新工場を建設。これらの遠隔地工場と東海地区との双方向部品供給システムを開発し、当社が運営・管理しています。

当社は部品輸送用トレーラと船舶を組み合わせた海陸鉄道複合一貫の部品輸送システムにより高品質、低コストでの物流を提供しています。これにより、陸上トラックによる輸送便数を大幅に削減し、交通渋滞やCO2・NOxの排出を抑制。

さらに、上郷集荷センター機能により、多頻度・小ロットかつ高効率輸送と、所在管理によるジャスト・イン・タイムを実現しています。

輸送ネットワーク

部品を効率的に輸送するために、コントロールセンター(上郷集荷センター)で、部品納入とトレーラの運行を集中管理しています。

輸送ネットワークのイメージ

部品輸送取扱荷量の推移

部品輸送取扱荷量の推移のグラフ