ページトップ
会社案内

Home > 会社紹介 > 安全・品質向上への取り組み | 安全対策の考え方

安全対策の考え方

“安全”が、お客様からの信頼の基本だと考えます。

トヨタ輸送では「良き企業市民」「お客様第一主義」の観点より、安全は全てに優先する「経営の最重要課題」の一つとしてとらえ、グループ全体が一丸となって安全・事故防止活動に積極的に取り組んでおります。日々の安全管理・運行管理はもちろんのこと、グループ各社を含め、スタッフのキャリアに合った独自のプログラムによる安全教育や技能研鑽の場である「ドライバーズコンテスト」、安全意識の高揚を目的とした「安全キャンペーン」等、さまざまな安全活動を展開しております。

安全対策

概念図

全員参加→危険の先取り→事故ゼロ

取り組みの視点

  • ヒト|安全教育の徹底
  • モノ|車両の改善
  • 管理|管理体制の強化
  • 職場環境|安全な環境づくり
【ヒト】【モノ】【管理】【職場環境】の視点で安全率向上

安全活動

ドライバーズコンテスト

グループ全体の安全・輸送品質・環境・CS 等のレベルアップを目的に開催。お客様や社会から信頼される「良き企業市民」を目指した研鑽の場と位置づけています。

安全トップ点検

当社の協力会社で構成される「トヨタ協輸会」各社のトップ層が参加し、安全について経営トップ同士が議論を交わすことで、現状の課題に対する解決の方向性を導き出すこと、更には、安全対策の実施状況を現地現物で確認し、今後に反映していくことを目的に毎年開催しています。

安全トップ点検 安全トップ点検

安全キャンペーン

「事故・災害 "0"」を必達すべく、当社・トヨタ協輸会の従業員一人ひとりが「トップの安全に対する想い」を再確認し、安全意識の高揚を図ると共に、基本作業の徹底・定着化に向け実施する安全活動を定期的に行っています。キャンペーン期間中は、従業員が街頭に出てドライバーや歩行者の方々へ向けて交通安全に対する意識を持っていただけるように垂れ幕、のぼり等で無事故啓発活動に取組んでいます。

事故ゼロの日キャンペーン(毎月10日、20日、30日)

各県警察署の「交通事故死ゼロキャンペーン」の趣旨に賛同し、毎月ゼロの付く日(10日、20日、30日)に本社を含む全営業所で立哨活動を行い、ドライバー、自転車、歩行者への交通安全を呼びかけています。