ページトップ
会社案内

Home > 会社紹介 > 安全・品質向上への取り組み | 安全対策の考え方 > ヒト | TLEP

TLEP

  • 安全対策の考え方|ヒト へ戻る

TLEPとは

  • トヨタ輸送グループ物流教育プログラム (Toyotayusou Logistics Education Program) という、当グループにおける体系的な物流教育プログラムの事です。

TLEP導入の背景

  • トヨタ自動車殿から受け継ぎ、60年間培ってきた『トヨタ物流方式』というDNAをトヨタ輸送グループ全員に確実に伝承することが不可欠である。
  • 更なる「安全・品質・技術・マナー」を身につけたプロフェッショナルドライバーを育成し、お客様の大切なお車を無事故で安全にお届けするサービスを提供し続けること。

TLEPの主旨

「トヨタ生産方式」に基づいた「トヨタ物流方式」の理論習得
「ムラ・ムリ・ムダ」の排除による効率的な物流の基礎を習得する。
ドライバー・作業員の「安全・品質・マナー」のスキルアップ
高次元の「安全・品質・マナー」を身に付けたドライバー・作業員を層別教育により育成する。
完璧な事故防止
様々な完成車を組み合わせた積み降ろし作業をはじめとする徹底的な指導により安全作業に関するノウハウを体得させることで、実務での事故を予防する。
集中教育による教育の高度化、効率化
グループ全体のドライバー・作業員を対象に集中教育を実施することで、高度な内容を効率良く教える。
ドライバー・作業員のステータス向上
認定制度により、社会的ステータスを向上させる。

TLEPの教育体系

【コース設定】
4段階のステップアップ教育と、別途運行管理者教育
【コース間隔】
新人〜中堅層は3年毎、指導者層は5年毎、運行管理者は3年毎に実施

TLEPの教育体系図

TLEPの教育風景

  • TLEPの教育風景例1【積み降ろし訓練】
  • TLEPの教育風景例2【走行訓練(突き出し)】
  • TLEPの教育風景例3【座学】