トヨタ輸送株式会社

安全

Safe

安全への取り組み

SAFETY INITIATIVES

”安全”が、お客様からの信頼の基本だと考えます。

トヨタ輸送では「良き企業市民」「お客様第一主義」の観点より、安全は全てに優先する「経営の最重要課題」の一つとしてとらえ、グループ全体が一丸となって安全・事故防止活動に積極的に取り組んでおります。日々の安全管理・運行管理はもちろんのこと、グループ各社を含め、スタッフのキャリアに合った独自のプログラムによる安全教育や技能研鑽の場である「ドライバーズコンテスト」、安全意識の高揚を目的とした「安全キャンペーン」等、さまざまな安全活動を展開しております。

安全・物流品質全般の諸活動展開

  • 安全・物流品質全般の諸活動展開

    ①ドライバーズコンテスト

    知識・技能向上を目的とした運転および作業の競技会を実施しています。

  • 安全・物流品質全般の諸活動展開

    ②安全トップ点検

    トヨタ輸送/トヨタ協輸会の経営トップが、現地現物で安全に関する実施状況を確認しています。

  • 安全・物流品質全般の諸活動展開

    ③安全キャンペーン

    トヨタ輸送グループ全従業員で参画し、無事故無災害に取り組んでいます。

PDF 第20回ドライバーズコンテスト全国大会実施結果 [pdf/559KB]

2018年5月に「第20回ドライバーズコンテスト全国大会」が開催されました。

PDF 第2回ドライバーズコンテスト世界大会実施結果[pdf/931KB]

2018年10月に「第2回ドライバーズコンテスト世界大会」が開催されました。

安全管理レベル向上

  • 安全管理レベル向上と安全教育実施

    ①大部屋活動による安全管理レベル向上

    大部屋で事故発生の真因分析等を議論し対策立案を行っています。

  • 安全管理レベル向上と安全教育実施安全管理レベル向上と安全教育実施

    ②安全機器の導入による事故軽減

    交通事故防止に有効な機器選定や作業事故の抑止に繋がる機材の改善・導入を進めています。

    (左)衝突回避支援システム(右)走行状況のリアルタイム把握

    (上)衝突回避支援システム
    (下)走行状況のリアルタイム把握

TLEP(トヨタ輸送グループ物流教育プログラム)

物流教育プログラム「TLEP」に基づく作業者への教育

トヨタ輸送では、安全に商品車を輸送するための教育プログラム「TLEP」(ティーレップ)を、全ドライバーに実施しています。
TLEP習得により、業務上での事故を徹底して防止していき、さらにドライバー・作業員レベルで効率的な物流を実践していく取り組みです。

TLEPとは

■TLEPとは

トヨタ輸送グループ物流教育プログラム (Toyotayusou Logistics Education Program) という、当グループにおける体系的な物流教育プログラムの事です。

TLEP導入の背景

■TLEP導入の背景

トヨタ自動車から受け継ぎ、60年間培ってきた『トヨタ物流方式』というDNAをトヨタ輸送グループ全員に確実に伝承することが不可欠です。
更なる「安全・品質・技術・マナー」を身につけたプロフェッショナルドライバーを育成し、お客様の大切なお車を無事故で安全にお届けするサービスを提供し続けることが重要です。

TLEPの主旨

■TLEPの主旨

「トヨタ生産方式」に基づいた「トヨタ物流方式」の理論習得

「ムラ・ムリ・ムダ」の排除による効率的な物流の基礎を習得する。

ドライバー・作業員の「安全・品質・マナー」のスキルアップ

高次元の「安全・品質・マナー」を身に付けたドライバー・作業員を層別教育により育成する。

完璧な事故防止

様々な完成車を組み合わせた積み降ろし作業をはじめとする徹底的な指導により安全作業に関するノウハウを体得させることで、実務での事故を予防する。

集中教育による教育の高度化、効率化

グループ全体のドライバー・作業員を対象に集中教育を実施することで、高度な内容を効率良く教える。

ドライバー・作業員のステータス向上

認定制度により、社会的ステータスを向上させる。

【コース設定】

3段階のステップアップ教育と、別途運行管理者教育

LEPの教育体系と教育風景

TLEPの教育風景

TLEPの教育風景 TLEPの教育風景 TLEPの教育風景
TLEPの教育風景 TLEPの教育風景 TLEPの教育風景

運輸安全マネジメント

以下のとおり全社一丸となって運輸安全マネジメントに取り組み、輸送の安全性に努めます。

PDF 安全管理規定 [pdf/100KB]

PDF 運輸安全マネジメント公開情報[pdf/494KB]

ISO39001の取り組み

  • 「物流企業のみ」で行う「交通安全」ではなく、社会全体でどうすべきか、どうあるべきかを考えていく意味で、2013年より継続して、道路交通安全マネジメントシステム『ISO39001』の認証を取得しています。
    ISO39001は、道路交通事故による死者や重大な負傷者の発生根絶を目的に、組織や企業が取り組むべき要求事項を定めたマネジメントシステムの国際規格であり、物流企業だけではなく、行政・自動車メーカー・道路管理者など道路交通安全に関わる全産業が対象となっております。
    今後もこのISO39001を「良き教科書」として体系的な取り組みを推進し、更に一段と高いレベルでの安全・品質向上活動を行って参ります。
  • ISO39001の取り組み

PDF 道路交通安全方針 [pdf/42KB]

Gマーク制度(貨物自動車運送事業安全性評価事業)

  • 公益社団法人全日本トラック協会が、事業者全体の安全性の向上に対する意識を高めるための環境整備を図るため、事業者の安全性を正当に評価し、認定、公表する「Gマーク制度」を、当社では2005年から取り組み、全対象事業所にて認定を取得しています。
  • 貨物自動車運送事業安全性評価事業(Gマーク制度)