トヨタ輸送を知る

05

車両/部品
運搬車の変遷

→
←

2010年代

安全・環境・快適 -TLS・TY-ECO・ESの対応-

規制緩和21mフルトレーラ

21mフルトレーラ

導入時期

2011年(H23年)~
機種 フルトレーラ
特徴 フルトレーラ連結全長の規制緩和(最長19m→21m)による長大車両
ダウンサイジング9Lエンジン +9段マニュアルトランスミッションを採用
最大積載量 15,700kg
最大出力 350PS
架装メーカー 浜名ワークス・日野自動車
主な積荷仕様 プリウス・プリウスα
規制緩和21mフルトレーラ

ロングパスフルトレーラ

高効率部品運搬用21mフルトレーラ
(Nロングパス)

導入時期

2015年(H27年)
機種 フルトレーラ
特徴 九州陸上化を目的に開発した車両
最大積載量 25,000kg
最大出力 410PS
架装メーカー 浜名ワークス・日本トレクス
主な積荷仕様 生産部品
ロングパスフルトレーラ

T-Model(日野SH1AHDG型)

トヨタ輸送グループオリジナルセミトレーラ

導入時期

2015年(H27年)
機種 セミトレーラ
特徴 車両コストの低減と作業負荷の軽減をコンセプトとした車両
最大積載量 10,400kg
最大出力 360PS
架装メーカー 浜名ワークス・日野自動車
主な積荷仕様 クラウン・プリウス
T-Model(日野SH1AHDG型)

5積単車(低床車積対応モデル)

市街販売店向け
中型常用5台積

導入時期

2015年
機種 単車
特徴 低床対策対応の5台積み積載車
最大積載量 8,500kg
最大出力 280PS
架装メーカー 尾張車体工業
主な積荷仕様 完成車全般
5積単車(低床車積対応モデル)

平ボディー小型トラック(超低床車積対応モデル)

普通免許対応モデル

導入時期

2018年
機種 単車
特徴 荷台を地面までフラットな状態に降ろして車両を積み降ろしすることができ、より安全に楽に乗り降りが可能
最大積載量 2,950kg
最大出力 136PS
架装メーカー 極東開発工業
主な積荷仕様 完成車全般
平ボディー小型トラック(超低床車積対応モデル

秘匿単車(超低床積対応モデル)

多用途積載車
(レーシングカー、 試験車秘匿2輪車など)

2018年

2015年(H27年)
機種 単車
特徴 秘匿車から中型乗用車なら4台積載可能な、幅広・低床にも対応可能なオールラウンド積載車
最大積載量 8,400kg
最大出力 380PS
架装メーカー 浜名ワークス
主な積荷仕様 秘匿車両他
秘匿単車(超低床積対応モデル)




トヨタ輸送を知る
About TOYOTA TRANSPORTATION

トヨタ輸送のDNA

物流は産業と暮らしを支える大動脈

トヨタ輸送の進化と挑戦

数字で見るトヨタ輸送

車両/部品運搬車の変遷